東海ステークス2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は東海ステークス2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われるダート1800m戦。

毎年中京開催ですが、今年は京都開催となります。

先週の愛知杯と同様使えるデータに制限があるので難しい予想です。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

今までのレースデータは使えないので、コースデータで調べていきます。

条件は京都ダート1800mの重賞で過去10年分です。

 

 

複勝率で見ると4番ゲート、勝率で見ると2・3番ゲートが好成績ですが、外枠の成績もマズマズ。

中枠の好走率はイマイチだが、内と外で決定的な差は無い。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で同条件です。

 

 

複勝率で見ると2・3番ゲートが好成績で、これは全体傾向と同じ。

ただそれ以外は内外で大きな差は無い。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

条件は同じく京都ダート1800mの重賞で過去10年分です。

 

 

これを見ると目につくのは逃げ馬の成績の悪さと、上り1位の複勝率が異常に高いこと。

そして今回のレースの最大のポイントはインティとスマハマが逃げ争うのかということ。

みやこステークスでは争って両馬共に撃沈。

ただインティの鞍上は川田騎手から武騎手に変更。

こうなってくると話は変わってくる。

武騎手なら無理な争いはしないはず。

逃げないでインティが持ち味を活かしきれない可能性はあるが、前回の二の舞は陣営も避けたいはず。

このメンバーなら逃げなくても十分勝負になるのではないかと思います。

 

そして話は変わって上り1位の馬は18頭中17頭馬券内という数字は異常です。

この馬を見つけられれば的中の可能性はかなり高くなる。

出走メンバーを見ると、可能性的にキングズガードorモズアトラクションの2択でしょう。

とにかく徹底的な末脚一辺倒タイプ。

かなり後方からの競馬をする2頭なので軸馬となると怖いが、紐に入れておいて損は無いでしょう。

 


最後に血統傾向です。

条件を設定しました。

2015年以降の京都ダート1800mの重賞です。

 

 

複勝率で一番高いのはナスルーラ系で、次いでノーザンダンサー系(ニアークティック系)です。

その他の系統はかなり複勝率が下がります。

ただ種牡馬単体で見るとここには載せていませんが、ネオユニヴァース産駒キングカメハメハ産駒は複勝率が高いです。

 

今回の該当馬は

アイファーイチオー
エアアルマス
キングズガード
スマハマ
ヒロブレイブ
ビルジキール
モズアトラクション
ロードアルペジオ
ヴェンジェンス

 

以上9頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

血統傾向で一押しのナスルーラ系の馬で、年齢を重ねてもまだ衰え知らず。

前走も超ハイレベルの馬達を相手に大健闘。

その時は昨年の東京大賞典1着馬に先着。

今回は少なくともスローになるようなメンバー構成ではないので、この馬の最大の武器である末脚がもう一度炸裂することに期待します。