東海ステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は東海ステークス2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠4番スマハマですが、絶好枠。

インティが大外枠に入ったことにより、この馬の逃げが濃厚になったと思う。

武騎手が大外枠から無理してでも先手を取りに行こうとする競馬をするとは到底思えない。

 

次に4枠7番エアアルマスですが、とにかく砂を被るのを嫌う馬。

ただ1~2枠という絶望枠ではないので、可もなく不可もなくでしょう。

 

次に7枠13番インティですが大外枠で、更に内にスマハマが配置されたのはかなり痛い。

番手でも競馬は出来ると思うが、この馬の能力は100%発揮できる条件ではなくなった。

 

最後に8枠15番ヴェンジェンスですが、差し馬タイプなので問題なし。

ちょっと外過ぎるかなとも思えるが、内枠よりは良かったと思う。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

 

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬2枠4番 スマハマ (馬連 500円 ワイド 1000円)

◎穴本命馬8枠15番 ヴェンジェンス (馬連 500円)

 

対抗馬筆頭は先手さえ取れれば可能性は十分あるであろうスマハマ。

インティが中枠くらいだったら乱ペースの可能性もあると思うが、大外枠で鞍上武騎手ということを考えると、この馬のペースでレースが運べそう。

 

対抗2番手は全く異なる脚質だが、自分の競馬が出来なさそうなインティより妙味込みで自分の競馬が出来そうなヴェンジェンス。

前走のチャンピオンズカップでは大外枠ながらオメガパヒュームとタイム差無しの勝負。

ペースが流れればこの馬にも十分チャンスはありそう。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

決め手は脚質傾向でも書いたように上り1位の馬の複勝率が尋常ではないこと。

その傾向を信じて、今回その上り1位を繰り出す馬はこの馬だと思っています。

チャンピオンズカップでは先行有利の流れの中で、1頭だけ別格の上りを繰り出し大健闘した。

今回枠順的にもその脚を十分発揮できる配置。

人気的にも程よい穴馬です。