東京新聞杯2020予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は東京新聞杯2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

 

枠順傾向の記事では1~7番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番プリモシーンですが、脚質的には差し・追い込みで内過ぎるかな。

ただ、とにかく内枠有利なレースで過去の好走馬を見てみると内からの差し・追い込みでも好走例は多い。

特に評価を下げる必要も無さそう。

 

次に1枠2番ヴァンドギャルドですが、絶好枠でしょう。

内枠有利なコースで数少ない先行馬。

これは重視しなくてはならないでしょう。

 

次に3枠5番サトノアーサーですが、この馬も好枠に入った。

プリモシーンと同じ脚質だが、この馬の方が内過ぎず外過ぎずベストでしょう。

 

最後に5枠9番レッドヴェイロンですが、有利枠と判断した7番ゲート以内からは外れたが外枠でもない。

プラスではないが、極端に評価を落とす必要も無いでしょう。

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬1枠2番 ヴァンドギャルド  (馬連 500円・ワイド 1000円)

◎穴本命馬5枠9番 レッドヴェイロン (馬連 500円)

 

まず対抗馬筆頭は絶好枠に入り、展開も味方しそうなヴァンドギャルド。

次に対抗馬2番手はやや好枠からは外れたが、デビュー以来圏外が一度だけという安定性を買ってレッドヴェイロン。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

半信半疑だが、好枠に入った馬で狙えそうな穴馬は、自分の考えではこの馬だけ。

今回はスローペースの可能性大。

脚質も成績も極端な馬だが、展開的にもこの枠に入ったからには先行策を取ってくると期待してこの馬を推します。

鞍上弱化で人気が落ちているのはわかるが、枠順・展開も加味すると強気な競馬をしてくれればエプソムカップの再現があるはずです。