東京スポーツ杯2歳ステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は東京スポーツ杯2歳ステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1800m戦。

現在登録馬が11頭ですが、回避馬が数頭出る可能性が高そう。

最終的には9頭立てになるのではないか?

上位人気馬には一流外人騎手や川田騎手が乗る予定で、穴狙いは厳しいかもしれませんね。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると10番ゲート以内までが平均的に好走馬が多く出ている。

飛んで15・16番ゲートも複勝率は良いが、今回の登録馬が11頭なので関係なし。

そうなると枠順は気にしなくて良いかもしれません。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見ると11番ゲートまでが平均的に好走馬が多い。

ただ先ほども言ったが、登録馬は11頭で回避馬も出る可能性が高い。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると先行~追い込み馬までほぼ互角です。

強いて言えば先行馬の勝率が高いことくらい。

ただ、どの馬もキャリアが浅いので脚質は読みにくい。

ここで覚えておけばいいのは逃げ馬は分が悪いということくらいでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクト又は父or母父にノーザンダンサー系です。

ディープ産駒は毎年のように好走馬が出ているが、複勝率で見ると実は20%を超える程度で特筆する程でもない。

ですが、5年連続で圏内に入ってきているので軽視する訳にはいきませんね。

 

今回の該当馬は

 

アルジャンナ
オーロラフラッシュ
コントレイル
ショコラブリアン
ゼンノジャスタ
ラインベック

 

以上6頭です。

今回ディープ産駒が3頭いて、その3頭が全て想定オッズ3番人気以内。

うーん、荒れる見込みが薄そう(-_-;)

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

穴は無いと思っても狙うのが穴馬競馬。

この馬は1400mまでしか経験は無いが、ジャスタウェイ産駒でもありこのくらいの距離の方がむしろ伸びしろはありそう。

今回の出走馬で2勝馬はラインベックとこの馬だけ。

今回の鞍上で軽視されるようなら、妙味は十分だと思います。