東京スポーツ杯2歳ステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は東京スポーツ杯2歳ステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

結局8頭立てという少頭数で、オッズ的にも完全に3強争いです。

今回は上位人気馬3頭の配置を見ていきます。

 

これだけ頭数が少ないと枠順を気にすることも無いでしょうが、まず1枠1番ラインベックは近2走とも初角2番手という競馬をしている。

ここも同じ競馬をしてくるようならこの枠は最もロスの少ない絶好枠と言えるでしょう。

 

次に5枠5番アルジャンナですが、前走5頭立ての5番手からの競馬。

この1戦だけ見ると脚を溜めて切れ味勝負という競馬だが、今回が2走目なので同様の競馬をするのかは未知数。

ただ仮に今回も同じ競馬をするのなら中枠と言うのはベストだと思います。

 

最後に6枠6番コントレイルですが、前走は大外枠からの先行策で快勝。

今回も外枠だが、少頭数の6枠は決して不利にはならない。

特に問題は無いでしょう。

 

少頭数なので上位人気馬も下位人気馬も特に枠順で優劣をつける必要は無さそうです。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びますが、今回は3番人気以内から選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬①〇5枠5番 アルジャンナ (馬連・ワイド 各500円)

◎穴本命馬②-〇5枠5番 アルジャンナ (馬連・ワイド 各500円)

 

2歳戦は血統背景で買う。

血統馬として推したいのは母がアパパネというラインベック。

そして母がアメリカ産のG1馬というアルジャンナ。

さらに言えば共にディープ産駒という血統。

はっきり言ってこの2頭で決定的に切る要素は無いのだが、データ推奨馬で挙げた前走東京・京都・阪神組の相性が良いということ。

その点でアルジャンナを対抗馬としました。

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

今回は堅いだろうと思いつつも高配当を狙って勝負です。

穴本命馬①

唯一の重賞経験馬で2勝している。

血統的にも距離が伸びてマイナスになることはない。

人気も無いので狙って損はない。

 

穴本命馬②

前走はレコード勝ち。

血統的には地味だが、2歳戦と言えばこの冠名は要注意。

適距離?と思える葉牡丹賞を蹴ってまでここに参戦してきた意欲を買います。