東京スポーツ杯2歳ステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は東京スポーツ杯2歳ステークス2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1800m戦です。

現時点の登録馬は17頭で全馬出走可能です。

比較的大荒れが少ないレースですが、スタイルは変えずに穴馬を探していきたいと思います。

 


まず枠順傾向です。

過去10年7頭立ての時もあれば17頭頭立ての時もありバラバラです。

今回は頭数制限無しで調べました。

以下がその傾向です。

 

 

これを見ると中枠辺りの複勝率がやや落ちる気もしますが、内外で大きな差は見られません。

 

今度はコースデータを調べてみます。

2008年以降の開幕5・6日目、東京スポーツ杯2歳ステークスを除く2歳戦限定の頭数制限無しのデータです。

 

 

これを見るとやや1番と2番の複勝率が落ちるものの、外枠の成績は悪くない。

 

レースデータは内外有利不利無し、コースデータは若干1番と2番不利という結果でした。

本当はキャリアの浅い2歳戦では揉まれやすい1枠は避けたいところです。

ですがレースデータからはその傾向が見られませんので今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

対象は過去10年のデータです。

 

 

2歳戦の脚質傾向はあまり当てになりません。

なぜならこの時期に脚質なんてまだ決まってないから。

このレースも同じです。

参考程度で見ててください。

 

ただ意外なのが2歳戦にしては珍しく差し・追い込みが非常に強い

この時期は能力の違いで単純に強い馬が先に行ってしまいす。

東京コースと言うのが原因かもしれませんね。

そうなると敢えて狙うなら瞬発力勝負に強いディープインパクト産駒

このコース替りで差し・追い込みに転じそうな馬がいる気がします。

 


最後に血統傾向です。

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクト又は母父にノーザンダンサー系orミスプロ系です。

今回の該当馬は

 

アガラス
アドマイヤスコール
カテドラル
ゴータイミング
ダノンラスター
ラバストーン
ルヴォルグ
ヴァンドギャルド

 

以上8頭です。

さすがにラバストーンは戦績的に消しで良いでしょう。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

母はフランスの名牝で全兄のジェニアルはフランスでG3勝馬。

新馬戦は2億7000万円の評判馬を破っての勝利

前走は重馬場だったが、良馬場になればさらにディープ産駒の瞬発力が生きるはず。