東京スポーツ杯2歳ステークス2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は東京スポーツ杯2歳ステークス2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 ハクサンタイヨウ
1枠2番 ニシノデイジー
2枠3番 カテドラル
2枠4番 アガラス
3枠5番 ヴァンドギャルド
3枠6番 トーラスジェミニ
4枠7番 ヴェロックス
4枠8番 トーセンギムレット
5枠9番 ダノンラスター
5枠10番 クリノガウディー
6枠11番 ナイママ
6枠12番 ホウオウサーベル
7枠13番 メイスンハナフブキ
7枠14番 アドマイヤスコール
8枠15番 ルヴォルグ
8枠16番 ゴータイミング

 

赤字の馬が現在上位人気4頭です。

まずは2枠3番カテドラルですが、近2走先行策で結果を残しています。

今回は内枠を引いたので枠順的には絶好枠と言って良いでしょう。

次に3枠5番ヴァンドギャルドは新馬戦で差しての勝利。

想定オッズを予想以上に上回る現在人気の一角。

今回2戦目でどんな競馬をするかは走ってみないとわかりませんが、極端な枠順でもないので無難な配置でしょう。

次に4枠7番ヴェロックスは近2走先行策。

中枠配置なのでこれもまた特に問題なしでしょう。

最後に8枠15番ルヴォルグですが前走は先行策でした。

今回は大外枠ということもあるので差し・追い込みへの脚質転換も十分に考えられます。

枠順傾向的には外枠が不利ということも無いので、絶好枠ではないにしろ評価を下げる必要もないでしょう。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬1頭と抑え馬2頭の3点勝負です。

そして対抗馬と抑え馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

2枠3番 カテドラル(1400円)

 

(抑え馬)

4枠7番 ヴェロックス(300円)

8枠15番 ルヴォルグ(300円)

 

対抗馬カテドラルは正直今でもこれで良かったのかと半信半疑。

何故なら外人騎手ではないから。

ですが前走はヴェロックスに先着で新馬戦2~4着馬は既に全て勝ち上がっている。

加えて今回絶好枠となれば3着以内という意味では狙わずにはいられません。

 

そして抑え馬2頭は無難に1・2番人気にしました。

過去10年で1・2番人気が揃って消えた年は一度もありません。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

現時点のオッズは当初の想定オッズよりかなり低い。

人気馬なら狙う気も無かったが、このオッズで鞍上も超一流。

血統背景も父ディープインパクトで母はアメリカのG1馬という良血。

そしてこのレースは前走2000mからの距離短縮組が非常に好相性である。