札幌2歳ステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は札幌2歳ステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは札幌競馬場で行われる芝1800m戦。

昨年はニシノデイジーとナイママのワイドで的中したレースです。

今年もなんとか当てたいところです。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

函館開催を除く過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

11番ゲートが何故かとてつもなく好成績ですが、3番ゲートも3勝をマークしており内外で有利不利は判断しにくい。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

このデータから判断すると最内と大外は割引か?

ただ全体傾向では大外の複勝率は悪くない。

最内は全体を通してマイナス

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1番ゲート不利

 

と判断します。

揉まれる経験の少ない2歳馬にとっては最内はリスクがあるのかもしれません。

 


次に脚質傾向です。

函館開催を除く過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これをみると壊滅的なのは追い込み馬。

ただこれは単純に能力的に追走もできない馬達と考えて良いでしょう。

ただ2歳戦で脚質判断は難しい。

データ的には先行馬の複勝率が一番高いが、その先行馬がどの馬か?

正直わからないので、脚質に関しては参考程度で考えた方が良いでしょう。

 

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にノーザンダンサー系orミスプロ系又は母父にノーザンダンサー系orナスルーラ系です。

父サンデーサイレンス系も健闘しているのですが、複勝率で調べると決して良い数字ではないです。

今回は該当馬の方が多いので非該当馬を載せます。

 

今回該当馬

 

サトノゴールド
ディアセオリー
ブラックホール

 

以上3頭です。

想定2番人気のサトノゴールドには嫌なデータですね。

新種牡馬ゴールドシップ産駒ですが、未知な部分があるのでそこ辺りを考えても血統的には敬遠したいですね。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

昨年のナイママもそうだが、このレースだけは地方馬でも十分勝負になるレース。

自分は昨年・一昨年と地方馬を重視して2年連続当てているレースなので今年も重視したい。

もちろん血統的にも好相性のノーザンダンサー系というのも推し材料です。