札幌2歳ステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は札幌2歳ステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1番ゲート不利と判断しています。

 

上位人気馬はダーリントンホールとゴルコンダの完全2強オッズ。

以下は上位人気馬とは言えないオッズ差があります。

注目すべきはこの2頭と言って良いでしょう。

 

まずは1枠1番ダーリントンホールですが、枠順傾向で不利と書いた1番ゲートに入った。

傾向から考えるとあまり買いたくない枠順ですね。

スタート次第で包まれたら、キャリアの浅い2歳馬は対処できるかどうか。

 

そして7枠10番ゴルコンダは前走逃げてのぶっちぎり勝ち。

仮に逃げないにしてもこの枠順ならリスクは少ない。

 

対抗馬は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬1頭目ー〇7枠10番 ゴルコンダ (馬連・ワイド 各500円)

穴本命馬2頭目ー〇7枠10番 ゴルコンダ (馬連・ワイド 各500円)

 

リスクの少ない枠順で、前走はレコード勝ち。

鞍上もルメール騎手となれば当然この馬が対抗馬です。

 

そして対抗馬を1頭に絞ったので穴本命馬は2頭で勝負したいと思います。

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

穴本命馬1頭目は近二年トレンドになりつつある?このレースしか走らない地元馬。

なにせ2年連続でこのパターンで的中しているレースなので今年も買うしかないでしょう。

 

穴本命馬2頭目は爆穴かと思ったら複勝オッズは下位人気なのに単勝オッズだけが異常に売れている。

大口投票でもあった?

それとは関係なくこの馬の近親は活躍馬がかなり多く、可能性は十分あると思っている。

更に土曜日は雨予報で前走不良馬場で勝ってるこの馬にとってはプラス材料でしょう。