札幌記念2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は札幌記念2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~5番ゲート有利と判断しています。

 

まず上位人気4頭で歓迎できない枠に入ったと思えるのは1枠1番ブラストワンピース

不器用なタイプで小回りコースでの立ち回りが上手いとは思えない。

いっそのこと大外枠の方がマシだったかもしれない。

 

7枠12番ワグネリアン・6枠10番サングレーザーは過去にIN突きで何度も結果を出しているので、脚質的に中枠でも問題無さそうだが、もう少し内寄りが理想的だったかもしれない。

 

6枠9番フィエールマンは差し馬としては理想的な中枠はベストでしょう。

 

対抗馬は上位4番人気以内から2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇6枠9番 フィエールマン (馬連500円/ワイド1000円)

穴本命馬ー〇7枠12番 ワグネリアン (馬連500円)

 

フィエールマンは休み明けくらいしか死角が見当たらないので、対抗馬筆頭です。

ブラストワンピースは枠順と近走成績で消しました。

サングレーザーはこの相手だと人気馬として扱うにはやや力不足。

ワグネリアンは唯一の惨敗が中山の小回りコースというのが気がかりですが、それ以外は全て馬券内を確保している安定性を重視して残すことにしました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

狙っていた馬が絶好枠に入った。

この枠に入った以上思い切った競馬をしてほしい。

相性の良い函館記念組でメイチ度合いもかなり高い。

これだけのメンバーを相手にするなら後続を待つような競馬ではなく、直線の短いこのコースだからこそ早め先行抜けだしがこの馬が勝てる唯一の策だと思います。