札幌記念2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は札幌記念2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは札幌競馬場で行われる芝2000m戦。

今年もフィエールマン・ワグネリアン・ブラストワンピース等豪華メンバーが揃いました。

穴は期待できないかな?とも思えますが、上位人気馬に一泡吹かせられそうな馬を探していきたいと思います。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

2013年の函館開催を除く過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

一目で内枠の複勝率が高いことが分かります。

1番ゲートの成績は振るいませんが、基本的には5番ゲート内が好成績を挙げています。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

このデータも分かり易く内枠有利です。

ただ外枠が全く来てない訳でもない。

それでも1~5番ゲートの複勝率は20,6%に対し、6~16番ゲートの複勝率は5,8%です。

こうしてみるとやはり内枠有利と判断しても良いかもしれません。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~5番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

2013年の函館開催を除く過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると先行・差しは互角です。

ただ上り1位の成績はかなり優秀で、特に近年は中団以降の馬がかなり馬券に絡んでいます。

そうなると今回上位人気馬4頭は全てこのタイプに属するので、データ的には堅そうです。

 

ですが、上位人気馬全てが差し・追い込み馬となると、こういう時穴をあけるのは同脚質の馬ではなく内枠の逃げ・先行馬だと思います。

内枠に入って面白そうなのは能力面を考慮して、クロコスミア・ステイフーリッシュ・ランフォザローゼス辺りだと思います。

他にも先行馬はいますが、この3頭はバカ荒れしないこのレースの傾向から考えても、人気と能力的にバランスの取れた穴馬だと思います。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ディープインパクト・キングカメハメハです。

この2大種牡馬だけで過去5年15頭中8頭を占めます。

 

今回の該当馬は

 

エイシンティンクル
クルーガー
サクラアンプルール
サングレーザー
フィエールマン
ランフォザローゼス
ワグネリアン

 

以上7頭です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走は超絶内枠有利のコースで外枠配置となり、本来の競馬が出来ないながらもかなり健闘した。

今回内枠に入りさえすれば、血統面から言っても面白いと思います。