朝日杯フューチュリティステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は朝日杯フューチュリティステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われる芝1600m戦。

阪神ジュベナイルフィリーズと同コース同距離ですが、比較的荒れる傾向があるレースです。

ただ上位人気馬の騎乗予定には外人騎手がズラリと並んでいる。

外人祭りになる気もしますが、穴を狙うなら日本人騎手でしょう。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

阪神開催となってから今年で6年目なのでデータは5年分。

過去5年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると内外で際立った偏りは無い。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見るとこちらも特に内外で差は無い。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると追い込み馬以外はほぼ互角です。

 

ただ過去5年の勝ち馬は全て上り1位or2位の馬と言うのは特筆です。

そこでこの点に注目して当レースで上り1位or2位で圏内に来る条件を調べました。

 

・当日3番人気以内

・前走距離1600以上

・前走4角4番手以内

・前走上り2位以内

 

この条件に該当する馬は過去5年で4頭いて、連対率100%です。

今回該当する馬は

 

サリオス

 

この馬だけでした。

脚質傾向的にはかなり推したい1頭です。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(ヘイルトゥリーズン系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

父に

・ディーインパクト

・キングカメハメハ

・ダイワメジャー

・ロードカナロア

 

父or母父に

・ナスルーラ系

 

以上です。

ロードカナロア産駒はまだ未知な部分もありますが、過去に出走馬が4頭いて2・4・5・13 着という成績。

圏内には1頭だが、あともう少しという馬もいる。

キンカメ産駒が好成績を残していることからも、今後ロードカナロア産駒は注意が必要だと思います。

 

今回の該当馬は

 

ウイングレイテスト
ジュンライトボルト
ビアンフェ
ペールエール
メイショウチタン
レッドベルジュール

 

以上6頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

希望は内枠からの逃げ。

距離延長が課題だが、先週のジュベナイルフィリーズも前残り決着。

近2走重賞で好走しているものの、人気はそれ程無い。

前走はプラス24キロという大幅馬体増ながらも好走しているので、今回は更なる前進が見込めそう。

外人騎手にオッズが傾くなら、妙味ありな穴馬です。