朝日杯フューチュリティステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は朝日杯フューチュリティステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

今回は3強オッズ構成となっているので上位人気馬3頭の配置を見てみます。

 

まずは3枠6番サリオスですが、デビュー2戦の脚質は差し・先行という競馬。

どちらにも対応できそうで配置的には特に問題無さそう。

ただ、心配は少頭数しか経験が無いということだけ。

 

次に4枠8番タイセイビジョンですが、近2走を見ると差し・追い込みという競馬。

中枠なら包まれる心配も少なさそうなので、特に嫌う要素は無いでしょう。

 

最後に6枠12番レッドベルジュ-ルですが、初戦は先行で2戦目は追い込みという両極端。

今回どういう出方をするかはわからないが、極端な外枠配置でもないので及第点ではないでしょうか。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びますが、今回は3強オッズなのでこの中から対抗馬を選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬(A)〇3枠6番 サリオス (馬連 500円・ワイド 1000円)

◎穴本命馬(B)-〇3枠6番 サリオス (馬連 500円)

 

鞍上も実績も申し分ない。

少頭数しか経験が無いというのは不安だが、前走の2着馬は阪神ジュベナイルの3着馬。

能力的には疑う余地は無いと思います。

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

穴本命(A)

オッズ的に妙味は薄いが、狙うなら逃げ馬。

昨日の土曜の芝レースは6レース中5レースで逃げ馬が馬券内に絡むという結果。

先週の阪神ジュベナイルもレシステンシアが逃げて圧勝。

前残り馬場の傾向が強く、距離適性的にやや疑問は残るが馬場傾向的に切るのは危険。

 

穴本命(B)

現在4番人気のペールエールを物差しで考えると、この馬は遥かに人気が無い。

鞍上もかなり将来性を見込んでおり、伸びしろはまだ十分。

レッドベルジュールと比べても、穴馬としては十分好走可能だと思う。