有馬記念2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は有馬記念2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~9番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

まずは5枠9番アーモンドアイですが、この馬は極端な外枠でなければどこでも問題ない。

先行でも差しでもどんな競馬もできるはず。

 

次に3枠6番リスグラシューですが、差し競馬がスタイルだったが、宝塚記念では先行からの圧勝。

アーモンドアイと同じく、この配置ならどんな競馬も可能でしょう。

 

次に5枠10番サートゥルナーリアですが、脚を溜めてからの末脚勝負。

この枠ならその威力を十分発揮できると思います。

 

最後に4枠7番ワールドプレミアですが、過去の走りを見ても内枠で好成績を残してきた馬。

この配置なら申し分ないでしょう。

 

上位人気馬はどの馬も配置的にマイナス要素はなさそうで、実力を発揮できる条件は揃った。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬(A)〇3枠6番 リスグラシュー (馬連 500円)

◎穴本命馬(B)-〇3枠6番 リスグラシュー (馬連 500円・ワイド 1000円)

 

お祭りのレースなので夢を見たいと思います。

アーモンドアイが負けるとしたら、トリッキーな非根幹距離でパワーを必要とする今回のようなレースでしょう。

アーモンドアイを負かせる上位人気馬となると、近走の安定性・G1実績・非根幹距離での勝利等を考慮するとリスグラシューが一番それに近い存在だと思います。

 

最後に穴本命馬2頭ははこの馬☟


中央競馬ランキング

夢馬券なので、妙味重視で勝負です。

穴本命(A)

このレースは特殊なコースということもあり、リピーターが非常に強い。

今年の低迷ぶりを考えると買いにくいが、前走G1で1番人気になった馬がこのオッズというのは美味しい。

来なくても納得できるが、中山の非根幹距離に実績があるこの馬を狙います。

 

穴本命(B)

基本的に枠順至上主義なので、有利枠から外れた馬を買うことは滅多にない。

ただこれほどまでに人気が急降下するようなら、狙って損はない。

前走は明らかに距離が長い。

この馬も前走1番人気で負けた馬だが、ワールドプレミアがここまで人気になるなら、この馬にもチャンスは十分あるでしょう。