日経賞2020予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回は日経賞2020の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

netkeibaさんの現在の想定オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後の過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると14番ゲート以降は好走馬無し。

ただそれ以外では特に優劣は無さそう。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

穴馬を見ると内か外かという極端な傾向だが決め打ちできる程の決定的な要素は見当たらない。

ただ昨年書いた記事でのことですが、9番ゲート以降と8番ゲート以内で分けると穴馬の複勝率は9番ゲート以降が勝っている。

それでも昨年は内と外の両方から穴馬が出現した。

ただ一貫して言えるのはサンプル数は少ないが、14番ゲート以降からは好走馬無しということ。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

14番ゲート以降不利

 

と判断します。

ピンポイントで狙うなら9~13番ゲートが熱いですね。

 


次は穴馬過去データ消去法です。

穴馬は基本的には5番人気以下としています。

 

2011年を除く過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した穴馬に多く見られる共通点

 

① 牡馬
② 7歳以下
③ 当日馬体重480キロ以上

 

以上になります。

過去10年(開催数は9回)で5番人気以下馬のどれかが来た年は7回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去7回中7です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ウインイクシード
ガンコ
クレッシェンドラヴ

 

この3頭です。

 


 

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

日経賞2020予想 上位人気馬消去法と脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

2年近く1800~2000mを中心に使われてきたが、血統的には距離適性・非根幹距離の適応力は十分ありそう。

近走の充実ぶりなら、人気に比べて妙味ありな穴馬だと思います。