日経賞2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は日経賞2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では14番ゲート以降不利と判断しています。

大混戦ではありますが、総合オッズを見ると現時点の単勝オッズ4番人気以内が最終的にそのまま上位人気4頭になると判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは4枠4番レッドレオンですが、絶好枠でしょう。

ペースは多少早くなるとは思うが、先行策を取るには良い配置だと思います。

 

次に5枠8番エタリオウですが、この馬は今回はどんな競馬をしてくるのでしょう。

追い込み一辺倒だったのが、近2走まるで真逆の先行策。

ただこの枠ならどちらにも対応できそうなので無難な配置でしょう。

 

次に6枠10番モズベッロですが、差し馬ですので良い配置だと思います。

特に問題無いでしょう。

 

最後に8枠14番ミッキースワローですが、不利枠と読んでいる大外枠に入った。

脚質的には外枠は問題無いが、大外枠はあまり歓迎できないですね。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬4枠4番 レッドレオン (馬連 1000円)

◎穴本命馬6枠10番 モズベッロ (馬連 1000円)

 

かなり迷いましたが、好枠に入ったと思えるこの2頭で勝負です。

上位4頭の優劣は本当に微妙なのですが、ミッキースワローは大外枠と距離適性でややマイナス。

エタリオウは実績的にこのメンバーなら最上位だとは思うが、4歳時の勢いからすると近走の走りは不満。

挙げた2頭はエタリオウやミッキースワローと比べると格下と言えますが、勢いを重視します。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

距離適性は未知数だが、血統的には走れる要素は持っている。

非根幹距離にも強い血統であり、枠順もベストな配置。

鞍上に不安はあるが、この馬の今の勢いに期待します。