日経賞2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は日経賞2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では9番ゲート以降有利と判断しています。

上位人気馬で絶好枠と言えるのは1枠1番メイショウテッコンでしょう。

外枠有利と判断していますが、もう1頭の逃げ馬グランアルマダは外枠なので、この馬が先手を取れそう。

小回りコースということを考えると良い枠に入ったと思います。

そして4枠4番サクラアンプルールも立ち回り勝負が上手い馬で、この枠順は悪くないでしょう。

最後に6枠7番エタリオウですが、この馬は差し・追い込みタイプなので極端な内枠に入らなかったのは良いでしょう。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭の1点勝負です。

 

(対抗馬)

6枠7番 エタリオウ(2000円)

 

(抑え馬)

今回は無しです

 

エタリオウは脚質的にはマイナスだが、実績を考えるとこのメンバーで圏外は考えにくい。

配当的にも妙味薄と言う程でもないので、この馬で勝負します

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

実績的には劣るが、この馬は芝での能力が未知数。

前走はマラソンだったが、今回はこの馬の父が得意とする非根幹距離の中距離戦。

このメンバーを見るとやや劣勢だが、3着狙いなら可能性はあると思う。