日経賞2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は日経賞2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝2500m戦です。

断然人気が予想されるエタリオウが出走予定。

配当的には期待できない可能性も高いですが、それでもこの馬を外すというのは無謀かもしれません。

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

今回の登録馬は13頭なので注目するのは13番ゲートまで。

となるとサンプル数が少ないとは言え、9番ゲート以降の外枠に好走馬が多くいるように見えます。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で2015年以降の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見ると、内も外も穴馬は来ています。

ただ9~13番ゲートの5番人気以下の馬は8頭で穴馬が来た頭数は3頭複勝率にすると37,5%です。

逆に1~8番ゲートの5番人気以下の馬は24頭で穴馬が来た頭数は3頭複勝率にすると12,5%です。

これは明白ではないでしょうか。

 

以上のデータを踏まえて今回の結論は

 

9番ゲート以降有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

サンプル数は少ないですが、逃げと追い込み馬は全滅。

データ上では極端な脚質の馬は割引と考えられます。

今回の上位人気馬ではエタリオウは追い込み馬、メイショウテッコンは逃げ馬という脚質。

脚質と近走実績で無難に3着以内を狙うならルックトゥワイスは最適ではないでしょうか。

エタリオウの一本被りなら妙味もあるし、出遅れ癖のあるデムーロ騎手なら万が一もあり得るかも。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去4年の活躍馬の傾向は父にヘイルトゥリーズン系中長距離種牡馬orミスプロ系です。

いかにもスピード勝負では分が悪いと言った感じの種牡馬が並んでいます。

今回の該当馬は

 

アクションスター
エタリオウ
カフェブリッツ
クリンチャー
ゴーフォザサミット
サクラアンプルール
サトノティターン
チェスナットコート
メイショウテッコン
ルックトゥワイス

 

以上10頭です。

 

済みません(-_-;)

3頭しか削れなかったです。

今回は日経賞の傾向に向いている馬が多く集まり過ぎました。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

芝に転向してから僅か3戦目で重賞馬券内で伸びしろはあると思う。

血統も非根幹距離に強い父を持つ。

人気は無いが、可能性という意味で狙ってみたい。