日経新春杯2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は日経新春杯2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝2400m戦。

ハンデ重賞の割にはあまり荒れることがないレース。

穴から入るなら紐穴程度で狙うのがベスト。

ただ堅軸と言えそうな人気馬もいないので、中穴から人気馬へ流してもソコソコ配当は狙えるかも。

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

一目瞭然です。

13番ゲート以降から馬券内になった馬はいない。

今回多頭数競馬になるようなら外枠は軽視したい。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見ると更に有利枠は狭まって10番ゲート以内となります。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~10番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると追い込み馬は不利だとわかります。

注目は差し馬の勝ち鞍が半数の5勝で、複勝率はトップ。

更に上り1位の複勝率が80%を超えている。

 

 

この上り1位で調べると馬券内9頭中7頭が5番人気以内。

更に前走上り2位以内の馬は6頭でした。

この条件に当て嵌まる馬は今回は1頭だけ。

サトノガーネットです。

脚質傾向的には注目の1頭です。

 

緩めに評価すならもう1頭はレッドジェニアル

前走はG1で、その前の神戸新聞杯ではサートゥルナーリア・ヴェロックス・ワールドプレミアが上り上位3頭。

それ以前はデビューから6戦連続上り3位以内。

 

上りを重視するならこの2頭は要注意です。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・サンデーサイレンス系・ミスプロ系

且つ

母父に

・サンデーサイレンス系・ミスプロ系以外

 

又は

 

五代血統内に

トニービン内包馬

 

です。

父にサンデーサイレンス系・ミスプロ系が独占状態なのだが、サンデーサイレンス系⇔ミスプロ系という組み合わせとなると好走馬は15頭中僅か3頭。

その例外3頭を覆す血統傾向はトニービン内包馬です。

この例外3頭中2頭はトニービン持ちでした。

 

今回の該当馬は

 

アクート
サイモンラムセス
サトノガーネット
スズカディープ
タイセイトレイル
チェスナットコート
プリンスオブペスカ
メロディーレーン
モズベッロ
ロードヴァンドール

 

以上10頭です。

この条件で消えた人気馬はアフリカンゴールドとレッドジェニアル。

アフリカンゴールドは確かに近2年好調なステイゴールド産駒なのですが、母父に相性の悪いミスプロ系。

過去のステイゴールド産駒とは血統傾向が違うので消しました。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走は今まで走り慣れた距離から急な距離延長で惨敗。

今回の距離はまさにベスト距離。

前走の敗戦でかなり軽視されている点からも面白そう。

血統傾向でも推奨した父サンデーサイレンス系且つ母父サンデーサイレンス系・ミスプロ系以外でトニービン内包馬。

大穴だがこの距離ならもう一度見直してみたいと思います。