日経新春杯2020予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は日経新春杯2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

上位人気は大混戦。

ただ単勝オッズではなく馬連や3連複等の総合オッズで見ると上位4番人気以内はレッドジェニアル・アフリカンゴールド・タイセイトレイル・レッドレオンの4頭。

今回はこの4頭を上位人気馬として扱います。

 

枠順傾向の記事では1~10番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠2番レッドジェニアルですが、基本的には差し馬。

内枠有利なコースで今回ペースも流れそう。

京都の外回りはIN突きがしやすいコースなので問題なく好枠でしょう。

 

次に3枠4番レッドレオンですが、内枠配置で先行馬。

前に競りかけていくような競馬さえしなければこの馬も好枠だと思います。

 

次に5枠7番タイセイトレイルですが近2走は差し・追い込み。

それ以前は先行馬。

脚質は読めないが、中枠なら特に問題ないでしょう。

 

最後に8枠13番アフリカンゴールドですが基本的には先行馬。

枠順傾向的にも決して良い配置とは言えませんね。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

 

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬2枠2番 レッドジェニアル (馬連 500円 ワイド 1000円)

◎穴本命馬3枠4番 レッドレオン (馬連 500円)

 

対抗馬筆頭はレッドジェニアル。

ダービー8着・菊花賞6着という実績はこのメンバーでは威張れる成績。

今回流れそうな展開を考えると、この馬の末脚が活きるはず。

 

対抗2番手はレッドレオン。

当初は穴本命馬候補だったが、勢いもあり鮮度も十分なディープ産駒は軽視できません。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

好枠から外れた馬は基本的に本命にしない。

しかし今回はその自分のセオリーを無視してでもこの馬で勝負したい。

上り1位の馬の好走率が非常に高いレースで、この馬は現在7戦連続上り2位以内。

この人気で買えるなら狙わない訳にはいかない。