日本ダービー2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は日本ダービー2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~12番ゲート有利と判断しています。

今回はオッズ的に3強となっているので上位3頭の配置を見ていきます。

 

上位人気馬3頭の配置を見てみると、まず3枠6番サートゥルナーリアは絶好枠ですね。

基本的に内枠が有利なのですが、極端に内過ぎるのも心配でした。

この配置は申し分ないでしょう。

 

次にその隣に入った4枠7番ダノンキングリーも同じく絶好枠と言って良いでしょう。

 

最後に7枠13番ヴェロックスですが、不利枠と判断している7枠以降に入ってしまった。

これは明らかにマイナスですね。

この枠だと無理して先行はせず、差しに徹するのではないでしょうか。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

現在試験的にワイド・馬連・複勝の併用馬券で勝負しています。

穴本命が来た時には必ず利益になる複勝、爆発力の馬連、そしてその中間のワイド3券種併用馬券です。

 

しかし、今回はワイド1点で勝負します。

サートゥルナーリアが馬券から消えるのは考えずらい。

だからと言って穴馬が2着に突っ込んでくるのも考えずらい。

2着に入るならダノンキングリーかヴェロックスだと思います。

そう考えると穴本命馬を軸として勝負するならワイド勝負がベストだと考えます。

 

それでは今回の買い目ですが

 

穴本命馬ー〇3枠6番 サートゥルナーリア (ワイド2000円)

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

狙っていたランフォザローゼスが外枠に入ってしまったのは非常に残念。

そうなるとこの馬。

欲を言えばもう少し内が良かったとも思えますが、脚質的に極端な内枠よりはマシです。

過去記事で書いた推奨枠順内に入り、血統傾向とデータ推奨馬でも合致したのはこの馬だけ。

堅く収まりそうな予感はしますが、それでも敢えて狙っていきます。