日本ダービー2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は日本ダービー2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝2400m戦で、注目度は有馬記念と同等かそれ以上のレース。

こういう時こそ、ビシッと決めたいですね。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズ単勝3桁台までは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

ダービー週から仮柵が移動することにより、毎年このレースは内枠が有利になります。

そして1番ゲートに関しては反則的に有利。

ただ、有利枠を決めるのに1番ゲートだけというわけにもいきません。

これを見ると有利枠と言うより不利な枠は一目でわかります。

15番ゲート以降から複勝率がガタ落ちですね。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると、中枠辺りまでは穴馬が満遍なく出現しています。

区切り所が難しいので、枠番表記で見ると‥‥

 

 

このようになります。

絞り込むなら6枠までではないでしょうか。

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~12番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると複勝率では逃げから中団馬まではほぼ互角。

逆に後方一気は割引ですね。

オークス週なら後方馬でも勝負になるが、仮柵移動によりダービーではその利点が消えました。

ただ中団馬でも外枠配置になった場合、後方馬になる可能性は高いので、その点は気にした方が良さそうです。

例えばエメラルファイトやレッドジェニアルは中団で構えて前走は勝利しています。

しかしこれが外枠に入った場合、ポジション争いで脱落したら後方からの勝負しかなくなるでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父サンデーサイレンス系種牡馬・キングカメハメハそして母父にノーザンダンサー系です。

父がサンデーサイレンス系種牡馬・キングカメハメハでも母父にノーザンダンサー系がある場合は対象外です。

今回のポイントは母父にノーザンダンサー系以外。

過去5年に絞ると母父にノーザンダンサー系があった馬はマカヒキとサトノダイヤモンドだけ。

両馬ともディープ産駒だが、その他の父ディーインパクト×母父ノーザンダンサー系の馬はことごとく沈んでいる。

今回の該当馬は

 

カフジジュピター
クラージュゲリエ
ザダル
シュヴァルツリーゼ
タガノディアマンテ
ナイママ
ヒルノダカール
ランフォザローゼス
レッドジェニアル
ヴィント

ヴェロックス

 

以上11頭です。

ただザダルは回避予定でヒルノダカールとヴィントは抽選対象。

あと明らかに実力不足の馬を消せばもう少し絞れるでしょう。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

父と母父はダービー馬で母母はオークス馬というこのコースを走るためのような血統。

今回鞍上が変わったが、昨年は神騎乗でこのレースを制した。

勝ちきれない馬だが、毎回馬券圏内は確保である意味今回の鞍上と似たもの同士。

頭は無いと思うが、3着以内なら狙える位置にはいるはず。