新潟2歳ステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は新潟2歳ステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは新潟競馬場で行われる芝1600m戦。

もう本当に2歳戦はわからない。

調教派ではないので馬の良し悪しは見てもあまりわからない。

限られた過去データの中から分析して穴馬を見つけ出したいと思います。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると若干内~中枠辺りが良いように見えます。

ただ外枠も来てないという訳でもなく微妙なところです。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

内・中・外と好走馬が出現していますが、12番ゲート以降で連続して好走馬が密集しています。

 

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

12番ゲート以降有利

 

と判断します。

だ穴は外枠だが人気馬ならそこまで気にしなくても良いかもしれません。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

競馬のセオリーとは逆の差し・追い込み有利です。

上り1位の複勝率が90%あるのも納得です。

枠順傾向と合わせて考えると上り勝負の外差し競馬が有利なようで、人気馬なら多少内目に入っても能力でなんとか盛り返せるが、穴馬に関しては外枠勝負でしょう。

脚質に関しては2歳戦なので判断が難しいですが、前走驚異の上り32,0を出したウーマンズハートは上り勝負では一歩リードかもしれません。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ダイワメジャーorキングカメハメ系又は母父にノーザンダンサー系orナスルーラ系です。

キングカメハメ系に関しては普段はミスプロ系とするのですが、過去5年で見るとキングカメハメハ産駒の種牡馬が活躍しているので、敢えてキングカメハメ系と表記しました。

 

今回の該当馬

 

ウーマンズハート
エレナアヴァンティ
カリニート
グランチェイサー
シコウ
タイムマシン
トライフォーリアル
ペールエール
モーベット

 

以上9頭です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

父は好相性のキングカメハメハ系で、前走は同距離同コース経験済みで上りも33秒台で完勝。

あとは外枠に入るのを祈るばかりです。