愛知杯2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は愛知杯2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは小倉競馬場で行われる芝2000m戦。

今年は京都競馬場の改修工事の影響で小倉開催となります。

こうなると今までのデータは殆ど使い物にならないので予想が難しいです。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

今までのレースデータは使えないので、コースデータで調べていきます。

条件は小倉芝2000m開幕1~2日目で過去10年分です。

 

 

複勝率で見ると内枠が絶対有利と言う程でもない。

ただ平均的に複勝率20%台をキープしているのは12番ゲートまで

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で同条件です。

 

 

これを見ると複勝率で全体傾向程外枠が不利でもない気がしますが、勝率が13番ゲート以降からプッツリ切れている。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~12番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

条件は同じく小倉芝2000m開幕1~2日目で過去10年分です。

 

 

これは分かり易い。

小倉開幕週らしく圧倒的に先行・逃げが有利。

ただ今回はモルフェオルフェ・ランドネ・リリックドラマ等の逃げ馬がズラリと並ぶ。

こうなってくるとさすがに今回は差し馬に分がありそう。

想定オッズ4番人気以内で唯一の差し馬と言ってもいいのはセンテリュオ

ハンデ戦で1番人気を買うのは妙味薄ですが、実績・展開共にこの馬が一番信頼できそうです。

 


最後に血統傾向です。

条件を設定しました。

2015年以降の小倉芝2000mです。

サンプル数10レース以上の種牡馬で複勝率35%前後の好走率を誇る種牡馬は

 

・ドリームジャーニー
・ロードカナロア
・バゴ
・ディープインパクト

 

今回の該当馬は

アルメリアブルーム
サラキア
センテリュオ
レッドランディーニ

 

以上4頭です。

アルメリアブルームの父はドリームジャーニーで、それ以外は全てディープインパクト産駒です。

ちなみにドリームジャーニー産駒は複勝率46,4%というかなり高い数字を残しています。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

若手の鞍上がやや気掛かりだが、流れる展開になるようなら脚質的にチャンスあり。

3走前にはセンテリュオにも先着している。

欲を言えばせめて中団くらいには付けて欲しいかな。