愛知杯2020予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は愛知杯2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

まさかのレッドランディーニが4番人気。

一時は1番人気だったので大口投票でもあったか?

ただ総合的なオッズで見ると実質4番人気はアロハリリーです。

今回はアロハリリーを4番人気馬として扱います。

 

枠順傾向の記事では1~12番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠2番センテリュオですが、傾向的には好枠だが内で包まれる可能性も十分ある。

先行激化が予想されるだけに4角で垂れてきた馬達に進路を塞がれるかも。

そこは鞍上ルメール騎手の手腕を信じるしかない。

 

次に4枠8番パッシングスルーですが、好枠でしょう。

今回のメンバー構成なら中団前目くらいからの競馬となりそう。

この配置ならどんな競馬でも対応可能だと思います。

 

次に4枠7番アロハリリーですが枠順は問題ない。

ただそれ以前に先行激化が予想されるレースで先行脚質のこの馬には分が悪そう。

 

最後に8枠16番サラキアですが痛恨の大外枠。

今までのように逃げ・番手で競馬をするようなら大外は明らかにマイナス。

展開的にも厳しそうです。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

 

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬1枠2番 センテリュオ (馬連 500円 ワイド 1000円)

◎穴本命馬4枠8番 パッシングスルー (馬連 500円)

 

過去記事でも書いたが、センテリュオは血統・展開・実績で考えると唯一信頼できる馬。

枠は内過ぎる気がするが、やはり対抗馬筆頭はこの馬でしょう。

 

そして対抗馬2番手は好枠を引いたパッシングスルー。

この馬の場合、単純な消去法で残ったという感じ。

サラキアは展開も配置も痛すぎる。

アロハリリーは小倉巧者だが、展開的にかなり厳しそう。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

開幕週となると外枠は避けたい。

だからと言ってペースが流れそうな今回は前に行く馬にそれ程利点は感じられない。

そこで狙うのは非外枠の差し馬。

展開的に脚質も向きそうで、配置的にも好枠。

血統的にも小倉芝2000mではかなりの好成績を挙げている父ドリームジャーニーの仔なのでこの馬から勝負します。