弥生賞2020予想 過去データ消去法

今回は弥生賞2020の過去データ消去法の記事です。

 

データ消去法は基本的に上位人気馬編(基本的には4番人気まで)と穴馬編(基本的には5番人気以下)に分けています。

 

netkeibaさんの現在の想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずはデータ消去法上位人気馬編から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走G1で4番人気以内又は前走OPクラス以上で1着or1番人気

 

以上になります。

 

過去10年で1~4番人気馬のどれかが来た年は10回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10回中10です。

 

今回の想定1~4番人気馬で上記の条件に該当する馬は

 

オーソリティ
ワーケア

 

この2頭です。

 


次はデータ消去法穴馬編です。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

穴馬編も年代別単位で考えています。

過去10年で穴馬に多く見られる共通点

 

① 前走重賞で6着以内又は前走500万クラス以上で2着以内

 

以上になります。

 

過去10年で5番人気以下馬のどれかが来た年は7回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去7回中7です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

該当馬なし

 

今回は該当馬がいませんでした。

それだけ下位人気馬が低レベルだということでしょう。

過去の好走例からもう少し判断基準を緩めれば、前走新馬戦1着のオーロアドーネと前走OPクラス4着のパンサラッサです。

 


 

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

弥生賞2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

迷ったのは3頭。

ウインカーネリアンとパンサラッサは穴馬だが同型で持ち味が活きなさそう。

残ったこの馬の推し要素は負けていないということだけ。

今回の低レベル下位人気馬で穴をあけるとしたら、底が見えていない馬だと思う。

昨年のシュヴァルツリーゼを少し期待します。