弥生賞2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

今回は弥生賞2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝2000m戦。

毎年少頭数ですが、それでも意外と荒れるレース。

ただ、今年は上位勢が強いというのもあるが、下位勢がかなり貧弱。

穴で勝負するか、それても人気馬から買い方勝負で高回収率を狙うか週末まで考えたいと思います。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後、2015年以降のデータとなります。

過去5年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると内外で大きな差は見られない。

ただ勝ち数を見ると過去5年で9番ゲート以降から4勝というのは気にしたいところ。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関しては複勝率で見ると内に偏って見えるが、6番ゲート以内と7番ゲート以降で区切るとそれ程差は無いと思える。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

勝率・複勝率で見ると先行・差しが有利です。

そして上り1・2位の複勝率が共に80%を超えている点も注目です。

そこで好走率の高いある条件を見つけました。

 

前走OPクラス以上出走馬で上り最速

 

 

この条件に該当する馬は過去5年で7頭いて、6頭が2着以内、残る1頭は4着で連対率85,7%です。

ただ残念ながら今回これに該当する馬はいません。

唯一この条件に近い馬を挙げるならワーケアでしょう。

前走G1で上り3位、その前の2戦は共に上り1位。

傾向的には信頼度は高そうです。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

前提として父or母父に

・ロベルト系・ナスルーラ系は除く

 

それを踏まえて

 

父に

・ディープインパクト

・ハーツクライ

・キングカメハメハ系

 

又は

 

母父に

・ミスプロ系

・ノーザンダンサー系

 

です。

過去5年の父や母父を見てもロベルト系やナスルーラ系は非常に相性が悪いレースと言えそう。

 

今回該当馬

 

アラタ
ディヴィナシオン
パンサラッサ
ブラックホール
ワーケア

 

以上5頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

このレースが堅く収まると読んだとして、回収率を上げるならワーケアの2着付け馬単勝負。

そうなると頭で狙えそうなのはやはりこの馬でしょう。

近2週で阪急杯のベストアクターや京都牝馬のサウンドキアラでもわかるように勢いのあるディーインパクト産駒は買いです。

新馬では負けたものの2戦連続でコンマ5秒差の圧勝で底はまだ見せていない。