弥生賞2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は弥生賞2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

今回は3強オッズとなっているので、昨日のオーシャンステークスと同じく上位人気馬3頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番サトノフラッグですが、脚質的には差しタイプでしょうか。

まあ少頭数なので包まれて抜け出せないということも無いだろうが、無難に競馬が出来るもう少し外寄りが良かったと思う。

 

次に7枠8番ワーケアですが、陣営は今回少し前目での競馬をしたいというようなことをコメント。

そうなるとこの配置はプラスでもないだろうが、極端に割り引く必要も無いと思う。

仮に差しに転じたとしたら逆に脚を十分引き出せる配置となるでしょう。

 

最後に8枠10番オーソリティですが、中団からの競馬がスタイル。

大外枠とは言え少頭数なので、特に問題無いでしょう。

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びますが、今回は上位3頭から選びます。

 

今回の対抗馬は3頭全て選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

 

3連単フォーメーション

1着 ⑧
2着 ①⑩
3着 ◎穴本命馬(A)(B)

各300円×4点=1200円

 

1着 ①
2着 ⑧
3着 ◎穴本命馬(A)(B)

各300円×2点=600円

 

追加で

 

1着 ①⑧
2着 ①⑧
3着 ◎穴本命馬(A)

各100円×2点=200円

 

計2000円

 

このレースは上位3頭が抜けているという前提で勝負します。

力関係で考えるとまずワーケア>オーソリティというのははっきりしている。

そしてワーケアが負けるとすればサトノフラッグくらい。

またサトノフラッグとオーソリティの力関係はまだ断定できない。

そうなると馬券の組み立てとしては⑧→①⑩か①→⑧という組み合わせとなる。

今回も穴馬3着付けで勝負します。

今回は2頭勝負です。

 

最後に穴本命2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

展開面で優位に立ちそうな穴馬もいるが、このレースは堅いような気もする。

だが敢えて狙うなら今回はワーケアとオーソリティを物差しとして、直接対決で勝負付けが済んでいない穴馬を狙ってみたいと思います。

(A)

調教では幼さをかなり出しているが、前走は素質馬イルミナルを撃破。

1戦1勝馬ではあるが、可能性的には勝負付けが済んでいる馬よりはありそう。

(B)

展開待ちだが、新馬戦ではデイリー杯の勝馬レッドベルジュールとタイム差無しの2着。

その後は数戦は停滞したが、前走は上り最速のレコード勝ち。

オッズ的にも面白そうなので狙ってみます。