弥生賞2019予想 枠順確定後の最終結論

おはようございます、ワイド師です。

今回は弥生2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~5番ゲート有利と判断しています。

上位人気馬が内枠に集中したことで穴本命選びが難しくなった。

少頭数なので問題ないかもしれないのが、上位人気馬の中でやや不安なのは2枠2番ニシノデイジー。

差しやマクリで競馬をしてきた馬なので、もう少し外寄りが良かったでしょう。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬2頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

2枠2番 ニシノデイジー(1600円)

(抑え馬)

1枠1番 ラストドラフト(400円)

 

今JRAのホームページを見たら、ルメール騎手は怪我?

本日の騎乗は全て乗り替わりとなっています。

そこでラストドラフトは割引評価で抑えまで。

対抗は枠順は気になるが、実績重視と雨予報も込みでニシノデイジーです。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

枠順から狙える馬はシュヴァルツリーゼだけ。

この馬がせめて血統傾向やデータ推奨馬のどちらかにでも上がっていれば買いだったが‥‥

今回はやむを得ず枠順傾向以外からで勝負!

過去記事で書いた血統が魅力で、データ推奨馬としても取り上げた。

前走で力負け感はあるが、穴として騎手も魅力的です。