府中牝馬ステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は府中牝馬ステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では11番ゲート以降有利と判断しています。

上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

まずは4枠8番スカーレットカラーですが、差し馬ですね。

中枠と言うのは特に問題ない枠順ですね。

 

そして残る3頭7枠13番クロコスミア、7枠14番プリモシーン、8枠15番ラッキーライラックは有利枠と判断した11番ゲート以降に入りました。

通常ならクロコスミアやラッキーライラックは先行馬なので内が理想とも言えますが、過去傾向から見ると、とにかく外枠に入った馬は先行馬だろうが差し馬だろうが好走傾向があります。

物理的には内枠が有利なはずなんですが‥‥

この中でも強いて一番良い枠順だと言えるのはプリモシーンでしょう。

決め手勝負の馬なので、この配置なら力を出し切れると思います。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬①ー〇7枠14番 プリモシーン (馬連 500円・ワイド 500円)

◎穴本命馬②ー〇7枠14番 プリモシーン (馬連 500円・ワイド 500円)

 

今回はジョディー・エイシンティンクルという積極策で持ち味が生きる馬が揃った。

他にもそれなりに前目で勝負したい馬が多い。

ある程度ペースが流れるという読みで決め手勝負のプリモシーンを選びました。

問題はマイル以外の距離経験は秋華賞(7着)だけなので、距離適性は未知数です。

それでも期待を込めてこの馬を対抗馬とします。

 

今回は対抗馬が1頭なので穴馬2頭軸で勝負です。

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

穴本命馬①

当初からかなり評価していたが、やはり想定オッズよりはるかに人気になっている。

枠順的には自分が望んだ枠ではないが、牡馬相手に2戦連続善戦をしていることを考えると妙味薄でも消せない1頭です。

 

穴本命馬②

このレースで穴馬を狙うならやはり外枠。

前走が牝馬限定のハンデ重賞というのが正直マイナス評価だが、流れる想定で考えると外枠からの決め手勝負ならチャンスは十分あると思います。