小倉2歳ステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は小倉2歳ステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは小倉競馬場で行われる芝1200m戦。

比較的大穴が突っ込んでくるレースですが、今年はどうでしょうか。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

内枠も悪くはないですが、複勝率を見ると中~外枠にかけて好走馬が多いような気がします。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

このデータから判断すると8~14番ゲートの複勝率が高め。

全体傾向と同じで中枠以降が有利なようです。

ただ15番ゲート以降は全滅ですが‥‥

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

8番~14番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これをみると圧倒的に逃げ・先行馬有利です。

札幌2歳ステークスの記事でも書きましたが、問題はどの馬が前に行くのか?

こればっかりはこの時期に判断するのは難しいです。

決め打ちするにはリスクが高いのでやはり参考程度で覚えておくのが無難でしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にキンシャサノキセキ・ダイワメジャー・ロードカナロア・ナスルーラ系です。

いかにも短距離専門という種牡馬が好成績を挙げています。

 

今回該当馬

 

カイルアコナ
テーオーマルクス
ヒメサマ
ミントティー

 

以上4頭です。

想定オッズ100円台のカイルアコナの父は2歳距離戦では常連のキンシャサノキセキ。

鞍上も川田騎手となれば横の関係がはっきりしていない2歳戦ですが、それでもこの馬を一押ししたいですね。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

父の血統から考えると1200mという距離は明らかに距離不足としか思えない。

それでも前走は1200m戦で完勝。

新馬戦で破った2着馬は2戦目でコンマ5秒差の圧勝というのを考慮すると、この馬の能力はそれなりのレベルにある。

距離適性には疑問があるが、唯一の2勝馬で2歳戦なら能力だけで勝負になるかもしれません。