小倉2歳ステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は小倉2歳ステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では9番ゲート以降有利と判断しています。

 

2歳戦なので揉まれる心配がある極端な内枠でなければ問題無いでしょう。

それ以外で重要な脚質という要素はキャリアの浅い2歳戦では判断が難しいです。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

枠順傾向的に考えると9番ゲート以降に入った6枠10番マイネルグリットは良い枠に入ったと思います。

 

その他3頭の3枠3番ラウダシオン・4枠5番トリプルエース・5枠7番カイルアコナは極端な内枠に入った訳ではないので特に問題ないでしょう。

展開は正直走ってみないとわかりません(;^_^A

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇5枠7番 カイルアコナ (馬連・ワイド 各500円)

穴本命馬ー〇6枠10番 マイネルグリット (馬連・ワイド 各500円)

 

まずカイルアコナは鞍上川田騎手で血統も2歳戦で強いキンシャサノキセキ産駒。

新馬戦もぶっちぎり勝利で外す訳にはいきません。

本来ならカイルアコナ1頭で勝負したかったけど、昨日の札幌2歳で単勝1倍台のゴルコンダが消えたことも考えると、夏の2歳戦は絶対視は禁物ですね。

そこで唯一の2勝馬マイネルグリットを対抗馬2頭目とします。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

予想以上に人気が無いですね。

ここまで人気が無いと冒険し過ぎかなと思いますが、荒れるレースなのでこの馬と心中します。

根拠は枠順傾向とこの記事で書いたデータ消去法です。