小倉記念2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は小倉記念2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

 

上位人気4頭でまず絶好枠と言えるのは3枠3番タニノフランケルでしょう。

仮に外枠でも逃げるのはこの馬でしょうが、内枠はベストです。

 

逆に嫌な枠に入ったと思うのは2枠2番アイスバブルではないでしょうか。

タニノフランケルが逃げて、内からカフェブリッツもそれなりに出していくでしょう。

脚質的に控えての馬なので、鞍上の福永騎手というのもやや心配。

内で出れなかったなんてコメントを今までに何度も聞いている。

 

4枠5番アイスストームは差し馬。

もう少し外目でも良かったかもしれないが可もなく不可もなくという配置でしょう。

 

最後に一番人気の6枠8番メールドグラースはやや外目の配置。

脚質的にも理想的な枠順ではないでしょうか。

 

 

対抗馬は上位4番人気以内から2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇3枠3番 タニノフランケル (ワイド・馬連各500円)

穴本命馬ー〇6枠8番 メールドグラース (ワイド・馬連各500円)

 

本当はメールドグラースだけで勝負でも良かったのですが、久しぶりの同型不在の展開・血統傾向・過去データから考えてもタニノフランケルは捨てきれませんでした。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

セールスポイントはG1クラスで好走歴があるのはこの馬だけ。

前走もタイム差はあったが、それでもG1で6着。

そして要注意血統としてトニービンの血を持つ。

心配は若干の距離不足と先行馬でありながら近走出脚がつかないということ。

ただ近走戦ったメンバーと比べれば今回は格段に落ちる。

今回のメンバーならその心配も帳消しにしてくれる可能性はあると信じます。