小倉記念2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は小倉記念2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは小倉競馬場で行われる芝2000mのハンデ戦。

近年出走頭数が少ないですが、今年も登録馬13頭で寂しい頭数になりそうです。

イメージ的には荒れそうな感じがしますが、このレースは意外とバカ荒れはしない。

断トツ人気が予想されるメールドグラースもいるので、今年も小波乱かもしれませんね。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると特に偏った傾向があるようには思えません。

若干内枠が悪いかなと思える程度です。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると多頭数の外枠はやや成績が良いとも思えますが、登録馬が13頭なので今回は関係ありません。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

勝ち馬は先行馬6勝・差し馬4勝でほぼ互角。

ただ複勝率を見ると先行有利です。

今回はそれ程先行激化するメンバーでもなさそう。

ただ先行勢はやや実力的に足りなさそうな感じもするカフェブリッツとシャイニービーム辺り。

近走先行策が取れてないがノーブルマーズが先行できるようであればこの馬にも分がありそうだが‥‥

ただ個人的には妙味がありそうなのは単騎逃げ濃厚のタニノフランケル

展開的にはこの馬は気になりますね。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ノーザンダンサー系・サンデーサイレンス系又は母父にナスルーラ系です。

パッと見てわかるのが、種牡馬欄は黄色のハービンジャーを筆頭とするノーザンダンサー系、ピンク色のディープインパクト筆頭とするサンデーサイレンス系の2色だけです。

ちなみに今回は母父ナスルーラ系という馬はいませんでした。

 

今回の該当馬は

 

アイスバブル
アウトライアーズ
アドマイヤアルバ
カデナ
カフェブリッツ
タニノフランケル
レトロロック

 

以上7頭です。

断トツ人気が予想されるメールドグラースはルーラシップ産駒でミスプロ系になります。

父ミスプロ系は過去5年で馬券内に来たことが1度もありません。

実力は断トツですが、傾向的には不安はありますね。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

正直どの馬も微妙なんですが、この馬。

距離は1ハロン短いが、内枠先行という条件さえ揃えば久しぶりの好走もあるかもしれない。

血統傾向では書かなかったが、このレースは母父トニービンの血が結構活躍する。

この馬の場合は逆で父方にトニービンを持っているが、2012年以降父方にトニービンを持つ馬は1頭も走っていないので可能性はあると思う。