小倉大賞典2020予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は小倉大賞典2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

 

枠順傾向の記事では1・2番ゲート有利と判断しています。

ヴェロックス1強と言って良いオッズ構成ですが、総合的なオッズから判断してヴェロックス・ジナンボー・テリトーリアル・カデナを上位人気馬4頭として扱います。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠2番カデナですが、枠順は絶好枠。

2番ゲート内に入ったら要注意ですが、脚質傾向から判断すると追い込み馬はかなりマイナス。

脚質不利を好枠でどの程度相殺できるか?

 

次に3枠3番テリトーリアルですが、枠順的には問題無いでしょう。

このレースで内枠先行はベスト条件です。

 

次に4枠6番ヴェロックスですが、枠順的には可もなく不可もなく。

もはやこの馬の場合、枠順なんて関係なさそうですが。

 

最後に8枠13番ジナンボーですが、枠順傾向的には1・2番ゲート以外は大差ないので問題無いとは思うが、先行馬なのでベストはやはり内枠だったでしょう。

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬(A)4枠6番 ヴェロックス (馬連 1000円)

◎穴本命馬(B)4枠6番 ヴェロックス (馬連 1000円)

 

どう考えてもこのメンバーでヴェロックスが3着以下になるとは想像できない。

散々期待を裏切ってきた川田騎手ですが、さすがにこの馬は連を外さないと思います。

そして今回は荒れるレースなので馬連だけで勝負してみます。

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

週中と変わらずこの2頭です。

(A)同距離重賞実績もあり、前で競馬が出来そうなタイプ。

G2以上だと厳しいが、ローカル重賞程度なら十分買えると思います。

 

(B)全く自信は無いが、推した理由は血統推奨馬とデータ推奨馬で合致した馬であるということ。

普段なら消しですが、荒れるレースなので敢えて狙ってみます。