富士ステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は富士ステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦。

断然人気が予想されるアドマイヤマーズが出走です。

最近はあまりパッとしないデムーロ騎手ですが順当に決まるでしょうか?

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見る外に行くほど複勝率が高くなっています。

特に11番ゲート以降は複勝率が高めす。

ただ3番ゲートが3勝挙げています。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

このデータも同じく11番ゲート以降の複勝率が高いです。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

11番ゲート以降有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると先行馬有利勝率は先行・差しはほぼ互角です。

対照的に逃げ馬は全滅ですね。

そして東京の長い直線だけあって、追い込み馬が健闘しています。

このデータから分かるのは逃げ馬が不振ということだけです。

 

前で張るか、後ろで張るか、展開予想が重要になってきそうです。

断然人気が予想されるのアドマイヤマーズですが、先行しても差しても競馬が出来るという点では脚質傾向的に最有力候補と言って良いでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクトです。

過去5年の複勝率から見ると、特筆できるのは父がディープインパクトです。

父ノーザンダンサー系も3頭馬券になっていますが、複勝率で見ると決して好成績ではないです。

 

今回の該当馬は

 

プロディガルサン
レッドオルガ

 

以上2頭です。

今回はたった2頭しかいませんでした。

プロディガルサンは除外対象なので、唯一のディープ産駒となりそうなレッドオルガは押さえておいた方が良いかもしれません。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

週末の雨予報は気になるが、春に同斤量で接戦したアドマイヤマーズとは今回3キロ差。

今回はその接戦を演じた同舞台での勝負。

前走の敗戦で人気落ちした時こそ、この馬の買い時です。