富士ステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は富士ステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では11番ゲート以降有利と判断しています。

では上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

まずは1枠2番レッドオルガですが、唯一のディープ産駒で東京1600mは大得意という点では買い。

しかし過去10年で複勝率5%の1枠に入った。

更に雨の影響で内馬場が荒れているはず。

これで3番人気ならちょっと敬遠したいですね。

 

次に4枠8番アドマイヤマーズですが、自在タイプ。

好枠と言う訳ではないが、可もなく不可もなく無難な配置でしょう。

 

 

次に5枠9番レイエンダですが、基本的には差し馬。

アドマイヤマーズと同じく無難な配置でしょう。

 

最後に8枠16番ノームコアですが、良い枠だと思います。

外枠有利傾向でこの雨の影響も加味すれば、外差しが決められそうです。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬ー〇4枠7番 アドマイヤマーズ (馬連 500円・ワイド 1000円)

◎穴本命馬ー〇8枠16番 ノームコア (馬連 500円)

 

基本的にはアドマイヤマーズで勝負。

3歳馬で57キロという斤量は不安だが、マイルの鬼と言えるような成績。

少なくとも複勝圏は外さないと判断しました。

 

ただノームコアも牝馬ながら56キロと背負わされたが、枠順的には理想的な配置に入ったと思う。

マーズを破れるとしたら、好枠に入ったこの馬ではないでしょうか?

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

稍重以上と想定してこの馬を推します。

それに加え東京1600mはレッドオルガに劣らず得意舞台。

脚質的に良馬場なら中枠辺りが良かったが、この雨なら外枠でも問題無いはず。

昨年の勝ち馬でもあり、大駆けを期待しています。