宝塚記念2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は宝塚記念2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では7~10番ゲート不利と判断しています。

オッズを見るとグローリーヴェイズとブラストワンピースが4番人気を争う形となっていますが、他の券種を見るとグローリーヴェイズの方が売れています。

よってグローリーヴェイズを4番人気として扱います。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠3番グローリーヴェイズですが、良い枠を引いたのではないでしょうか。

前に行きたい馬達が比較的外枠に入り、この配置なら包まれる危険性も減り、好位をキープできそうです。

 

次に3枠5番サートゥルナーリアですが、グローリーヴェイズと同じ理由で好枠だと思います。

 

次に6枠11番ラッキーライラックですが、この馬もサートゥルナーリアと同じような位置で競馬をしたいはず。

そうなるとこの配置は悪くは無いが良くも無い。

及第点ではないでしょうか。

 

最後に8枠16番クロノジェネシスですが、この枠だとある程度出していかないと好位はキープできないと思う。

しかし土曜競馬を見るととにかく前目で競馬が出来る馬が好走した。

そうなるとサートゥルナーリアやラッキーライラックよりポジションを取ってくるこの馬は馬場を味方にできそう。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回は対抗馬3頭としました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

(馬単)

3枠5番サートゥルナーリア → ◉穴馬(C) (500円)

3枠5番サートゥルナーリア → ◉穴馬(D) (300円)

6枠11番ラッキーライラック → ◉穴馬(C)(D) (各300円)

8枠16番クロノジェネシス → ◉穴馬(C)(D) (各300円)

 

(計 2000円)

 

消しはグローリーヴェイズ。

半年以上の休み明けで、調教後の馬体重が前走時と比べプラス24キロ…さすがに太いか。

人気馬として扱うにはリスクの方が高い気がします。

 

ここで土曜阪神芝コースの決まり手を載せます。

 

 

多頭数の外枠からも馬券内に絡んでいる馬いて、枠順に関しては気にすることも無さそう。

ただ全体的に見るとやはり先週に続いて前が有利です。

4角5番手以内の馬が対象馬18頭中15頭を占めている。

 

これを踏まえて穴馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

キセキを穴馬筆頭にしようと思っていたのですが、今回は敢えて欲をかいて狙っていきます。

キセキが来たら多分愚痴をこぼします(-_-;)

 

もちろん狙うのは前張りです。

(C)

前走の好走がまるで忘れられているような現状オッズ。

前に行ける脚質で馬場傾向的にも妙味は十分。

前走はフロックと舐めれているようなので狙う価値はあるでしょう。

(D)

キセキとの兼ね合いがこの馬の争点。

前走はキセキに絡まれてリズムを崩したが、リズムよく運べる展開にさえなれば一発ありそう。

去勢後2戦目の変わり身に期待しています。