宝塚記念2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は宝塚記念2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは阪神競馬場で行われる芝2200m戦。

想定オッズを見るとサートゥルナーリア対G1牝馬2頭の戦いという図式。

ただその3頭以外にも圏内を狙える馬も数頭いて侮れません。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると基本は前です。

ただ相反して上り1位の馬の複勝率が100%と言うのは見逃せません。

重視すべきは先行勢と上り1位の馬と考えて良いでしょう。

まず先行勢から見ると、キセキ・クロノジェネシス・スティッフェリオ・ダンビュライト・トーセンスーリヤ辺りか。

 

次に上り1位に関して調べてみると、当レースで上り1位を繰り出した馬の前走上りは意外にも4位以下という馬が多い。

近3走の上りでも調べてみたが、決定的な傾向は見られなかった。

敢えて傾向を探すとすれば、過去10年の上り最速馬11頭で距離2200m初経験だったオルフェーブル・ドゥラメンテ・2013年のゴールドシップと海外馬のワーザー以外の7頭は過去に同距離重賞で上り3位以内を一回以上は経験していたということ。

該当馬はキセキ・クロノジェネシス・ブラストワンピース・ラッキーライラック・レッドジェニアルです。

また今回初距離はカデナ・サートゥルナーリア・ペルシアンナイト・ワグネリアンです。

初距離組から考えると過去の4頭を見ればわかるように名馬級の馬が殆んどで、今回はサートゥルナーリアがその可能性がありそう。

また上記該当馬から考えると逃げ馬のキセキはさすがに上り1位の可能性は低いでしょう。

上り1位を考えるならこの残った5頭からではないでしょうか。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 注:ワーザーの母父はサンデー系ではありません
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

・グレイソブリン内包馬

 

又は

 

母父に

・ミスプロ系

 

です。

昨年はトニービンを代表とするグレイソブリン内包馬が圏内独占。

また母父ミスプロ系というのも複勝率で見るとかなりの好成績です。

 

今回の該当馬

 

アドマイヤアルバ
アフリカンゴールド
キセキ
グローリーヴェイズ
ダンビュライト
トーセンカンビーナ
トーセンスーリヤ
ブラストワンピース
ラッキーライラック
ワグネリアン

 

以上10頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 5歳以下
② 前走G1で2着以内or2番人気以内

 

以上になります。

過去10年で4番人気以内馬のどれかが来た年は9回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去9回中9回です。

 

今回の該当馬

 

クロノジェネシス
ラッキーライラック

 

この2頭です。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走はラッキーライラック相手に快勝。

過去にはフィエールマンとも接戦をしている馬。

不安要素は長期休み明けだが、ノーザンファーム天栄での外厩仕上げなので気にし過ぎない方がよいかもしれない。

鞍上も頼もしいので、休み明けで嫌われてこのオッズで買えるなら狙う価値は十分ありそうです。