宝塚記念2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は宝塚記念2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われる芝2200m戦。

前半期最後のG1レースなので、ビシッと決めたいですね。

メンバーを見ると上位人気馬の層が厚く大荒れは無いでしょうが、今回も穴馬を探していきます。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

このデータを見ると勝ち馬は外枠から、複勝率は内枠の方がコンスタントに出現しています。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

このデータは極端ですね。

穴馬は中枠からは全く出現しておらず、勝ち馬は外枠複勝率は内枠です。

ただやはり内枠からコンスタントに穴馬が出現しているのは、全体傾向と同じで見逃せないです。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~6番ゲート有利

 

と判断します。

ここから更に絞るとすれば1~4番ゲートです。

2009年以降の過去10年で1~4番ゲートに入った5番人気以下の馬は過去7年馬券に絡んでいる

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

このデータから判断すると複勝率では基本的には逃げ・先行有利です。

ただ、それに反して上り最速馬は複勝率100%という成績。

狙うポイントは前に行ける馬か上り最速馬でしょう。

ちなみに国内だけのデータになりますが、近3走連続上り2位以内の馬はリスグラシューとレイデオロだけです。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ディーインパクト・キングカメハメハ又は母父にネイティブダンサー系です。

 

今回の該当馬は

 

アルアイン
スワーヴリチャード
ソールインパクト
マカヒキ
リスグラシュー
レイデオロ

 

以上6頭です。

特に注目点は馬券内になったディーインパクト産駒は全て牝馬であるということ。

ただ今回はディープ産駒の牝馬の出走は無し。

ディープ産駒の牡馬であるアルアイン・ソールインパクト・マカヒキには嫌なデータです。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

この馬は二度と買わない決めていたが、近走の走りを見ると復調気配を感じる。

G2までが限界と思っていたが、前走の走りをみるとまだG1でもやれるかもしれない。

週末に雨でも降ってくれれば、可能性は更に広がるでしょう。