安田記念2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は安田記念2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦。

アーモンドアイを筆頭として超豪華メンバー集結。

ただ馬券的には堅いのかなと思っています。

正直アーモンドアイは外せないと思うので、回収率重視なら絞って買い方勝負のレースとなりそうです。

 

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率・勝率共に逃げ馬が優勢です。

勝ち馬で見れば差し・追い込みに分がありそう。

ただ先週の東京開催はかなり差しが決まっていた印象。

今週の土曜競馬を見ないと何とも言えないが、差し馬重視で考えた方が良いかもしれない。

今回のメンバーを見ても逃げ馬と言うべき馬が皆無で、やはり先週のダービー同様で団子状態からのヨーイドンの末脚勝負と考えています。

そうなると上位人気馬を見回してもアーモンドアイの上りの凄まじさは見逃せません。

ただでさえ強いのに展開までも向きそう。

無駄に粗探しせずに軸にするのが無難だと思います。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ノーザンダンサー系

・ロベルト系

 

又は

 

母父に

・ロイヤルチャージャー系

 

です。

父にノーザンダンサー系やロベルト系は過去5年で見るとロゴタイプやモーリスやアエロリットのリピーターが多いので、血統ではなく得意コースの馬が好走しただけとも取れます。

ただ他の父や母父を見ても比較的パワーやスタミナを備える血統が来ており、流れ的には合っているのかと思います。

 

今回の該当馬

 

アーモンドアイ
ダノンプレミアム
ノームコア
ペルシアンナイト
ミスターメロディ

 

以上5頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走距離1400m以上
② 前走2番人気以内

 

以上になります。

過去10年で4番人気以内馬のどれかが来た年は9回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去9回中8回です。

 

今回の該当馬

 

アーモンドアイ
インディチャンプ
ダノンキングリー

 

この3頭です。

上位4頭の中で唯一外れた距離延長の1200m戦から挑んてきたグランアレグリア。

過去10年で見ても1200mから馬券になったのは名馬ロードカナロアだけ。

データ的には厳しい1頭ですね。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

力量が根本的に足りるのかは微妙だが、血統的には好走血統のノーザンダンサー系です。

脚質的にも上記で述べたように傾向に合った差し馬で、3走前にはインディチャンプにも先着している。

アーモンドアイを除けばノーチャンスとは言えないと思います。