安田記念2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は安田記念2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦で、アーモンドアイとダノンプレミアムの一騎打ちムード満載。

穴党にはちょっと厳しいレースかもしれません。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

このデータを見る限りでは内外で有利不利は無さそう。

敢えて言えば11番ゲート以降で複勝率30%を超えるゲートが無いので、若干外枠不利か?

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると、穴馬は内外満遍なく来ている。

有利不利は無さそうですね。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると脚質で大きな差はありません。

特徴的なのは複勝率で見ると、逃げor追い込みという極端な戦法の成績が良いこと。

そして頭で狙うなら差し・追い込み馬でしょう。

アーモンドアイとダノンプレミアムの2強の内、脚質データだけで見るならアーモンドアイに分があると思います。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父or母父にノーザンダンサー系又は母父にロイヤルチャージャー系です。

このレースはノーザンダンサー系の活躍が目立ちます。

昨年は父ノーザンダンサー系のワンツーフィニッシュでした。

そして父or母父にノーザンダンサー系以外では昨年のスワーヴリチャード以外は母父にロイヤルチャージャー系の血が入っていました。

この条件で過去5年15頭中14頭が該当します。

今回は該当馬が多いので非該当馬を載せます。

 

今回の非該当馬は

 

インディチャンプ
エントシャイデン
ケイアイノーテック
タワーオブロンドン(出走回避)
ロジクライ

 

以上4頭です。

穴人気しそうなインディチャンプですが、血統的には父ロイヤルチャージャー系×母父ミスプロ系で、血統的には穴でも買いづらい1頭です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走は不利な外枠発走でスタート後に不利、最後の直線で不利という散々な競馬。

道中も行きたがっていただけに距離短縮はプラスなはず。

血統は父ノーザンダンサー系で前走を見る限りでは衰えたと判断するのは早計かも。

鞍上は最近G1でピンかパーという極端な成績だが今度はピンの番です。