天皇賞秋2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は天皇賞秋2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝2000m戦。

超豪華メンバー集結です。

アーモンドアイ・サートゥルナーリア・ダノンプレミアム等が集結し、その他G1馬も多数。

個人的にはダノンプレミアムまでが3強オッズとなるのではないかと思ってます。

その3連複1点勝負でも良いと思ってしまいますが、それでも穴馬は来ると信じて予想していきます。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると外枠の成績が落ちます。

区切ると15番ゲート以降の成績が良くない

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関しても同じですね。

やはり15番ゲート以降の複勝率はかなり低い。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

15番ゲート以降不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると先行馬が優勢です。

しかし差し馬が7勝している点は注目です。

上り1位・2位の複勝率がかなり高く、ここ辺りを見極められれば軸馬を見つけられそう。

ただ調べてみると意外なことに前走上りが3位以内でなかった馬でも本番では上り2位以内を繰り出している馬が結構多い。

それでも敢えて前走の上り重視で調べてみると‥‥

 

① 前走上り3位以内

② 前走G2クラス以上(牝馬限定戦を除く)で3着以内

③ 前走距離1800m以上

④ 牡馬

 

この条件全てに該当する馬は過去10年で毎年出現しています。

複勝率100%です。

その馬は

 

サートゥルナーリア

スワーヴリチャード

 

この2頭です。

スワーヴリチャードを軸馬にするには不安があるので、サートゥルナーリアはこのデータからは重視したい1頭になります。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は母父にノーザンダンサー系又はナスルーラ系です。

ディープインパクト産駒は結構来ているのですが、実は複勝率は高くない。

複勝率が高い傾向を探ると上記のような傾向となりました。

 

今回の該当馬は

 

アルアイン
ウインブライト
カデナ
ゴーフォザサミット
マカヒキ

 

以上5頭です。

どの馬も穴馬候補と言える馬だけが残りました。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

出来れば距離はもう少しあってもいいが、ベストの左回り。

ピークは過ぎた可能性もあるが、それでも前走はG1で3着。

今までの主戦騎手も最近は不振気味なので、今回の乗り替わりはプラスかもしれない。

脚質傾向から考えても狙う価値はあります。