天皇賞秋2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は天皇賞秋2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では15番ゲート以降不利と判断しています。

上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

まずは1枠2番アーモンドアイですが、ジャパンカップと同じ枠に入りましたね。

この枠に入った以上、後方からの競馬はしてこないでしょう。

もともと内枠が有利なコースなので、まともにスタートさえ切れれば、絶好枠と言って良いでしょう。

 

次に5枠9番ダノンプレミアムですが、枠順的にはもう少し内でも良かった。

ただ枠の並びで見ると、アエロリットとスティッフェリオ以外の先行馬はダノンより外に配置された。

この並びならそれ程位置を取るのに苦労はなさそうです。

 

次に5枠10番サートゥルナーリアはこの枠ならどんな競馬でもできそう。

特に問題ないでしょう。

 

最後に7枠14番ワグネリアンですが、一応不利な8枠には入ってない。

ただ上位人気馬が好枠に入ったことを考えると相対的には不利と言えるでしょう。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬ー〇5枠10番 サートゥルナーリア (ワイド 2000円)

 

アーモンドアイから入っても馬券的に妙味なし。

サートゥルナーリアの3着以内が堅いと読めば、ワイドはアーモンドアイよりこの馬から入った方が儲かる。

逆にこの両頭に割って入る馬に自信があるなら馬連でもいいが、ちょっと今回は自信がない。

配当的にも確率的にも最もバランスの取れた最善な買い方はサートゥルナーリアからのワイド勝負。

これが今回の結論です。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

昨年は1番人気ながらスタートで出遅れ、さらには他馬との接触で一瞬にして終わった。

今年は本レースと好相性の前走宝塚記念から参戦。

昨年春頃の勢いはないが、それでも近2走G1連続3着。

今回得意の左回りとなれば、8戦中7回馬券内。

唯一圏外だったのは先ほども言ったように出遅れ・不利が重なった昨年のこのレースだけ。

枠順的にも良い枠に入ったのでワイド1点勝負です!