天皇賞秋2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は天皇賞秋2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝2000m戦です。

スワーヴリチャードが1番人気になりそうですが、あくまでJCの叩き台でしょう。

今週も波乱を演出してくれる穴本命を見つけたいと思います。

 


まず枠順傾向です。

今回登録馬が15頭ですが、ワグネリアンが回避予定なので14頭立てがMAXです。

過去10年で14頭立ては0回なので、今回は頭数制限無しで検索しました。

馬番表記です。

 

 

天皇賞秋は8枠が不利とよく言われますが、厳密に言うとそれは間違いです。

上記のデータを見ると不利になってくるのは15番ゲート以降です。

普段から自分が馬番表記で調べるのはこういう間違いをしないためです。

今回は14頭立てが最多出走頭数なので8枠でも不利はありません。

 

今度はコースデータを調べてみます。

2008年以降で同条件に近い開幕8~9日目限定、頭数制限無しのデータです。

天皇賞秋のデータは重複しないように除外してあります。

 

 

これを見る限りでは16~18番ゲートでも複勝率が20%を超えてます。

コースデータも有利不利はありません。

ではなぜ天皇賞秋のフルゲートだけが8枠不利なのだろう‥

今年はフルゲートではないのでまた来年考えます(;^_^A

 

今回のレースデータとコースデータを踏まえた答えは

 

枠順有利不利無し

 

これが今回の結論です。

 


次に脚質傾向です。

対象は過去10年のデータです。

 

 

複勝率を見ると先行馬有利です。

ただ勝率は差し馬が先行馬を上回ってるし、上り1位の馬の複勝率は80%を超えている。

絶対に先行馬有利と決めつけるのは危険でしょう。

 

ただ今回の登録馬を見渡すと先行馬が少ないし逃げ馬もいない。

先行馬と呼べるのは

アルアイン
ミッキーロケット

 

そして前回先行して久しぶりに好走した

キセキ

この3頭は展開的に有利になる可能性が高そうです。

ただ団子状態でヨーイドンになったらその可能性は消えますが‥‥

 


最後に血統傾向です。

毎年のようにディープインパクト産駒が来るレースですが、それは出走頭数が多いだけで複勝率で見ると20%です。

この数字を高いと考えるか低いと考えるかは人によって違いますが、自分の血統傾向での判断基準は基本的に25%以上で判断しています。

 

今回その25%を超える血統傾向は母父にノーザンダンサー系です。

今回の該当馬は

 

サングレーザー
ステファノス
ブラックムーン
マカヒキ
ミッキーロケット

 

以上5頭です。

ですが戦績的にブラックムーンは即切りします。

血統傾向から選ぶならブラックムーンを除く4頭からでしょう。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

展開・血統的には申し分ない。

そして近走から急成長してきたこの馬。

同じ父をもつラブリーデイのように化け始めた可能性はあります。

近2走は内枠で結果を残したので、今回も内枠希望。