天皇賞春2020予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回は天皇賞春2020の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

netkeibaさんの現在の想定オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

もう誰でも知ってるとは思いますが、このレースは1枠が圧倒的有利。

次いで2枠3番ゲートも有利と言えます。

とにかく内枠有利と言うのは間違いないです。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

穴馬に関しては極端に1枠有利とは言えず、8番ゲート以内までなら平均的に穴馬が好走しています。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~8番ゲート有利

 

と判断します。

ただやはり特注ゲートは1~3番ゲートでしょう。

 


次は穴馬過去データ消去法です。

穴馬は基本的には5番人気以下としています。

 

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した穴馬に多く見られる共通点

 

① 前走重賞で2着以内

 

以上になります。

過去10年で5番人気以下馬のどれかが来た年は8回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去8回中5です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

トーセンカンビーナ
ミライヘノツバサ
モズベッロ

 

この3頭です。

ただ重賞2着以内以外で馬券になった馬のゲートは遡っていくと8・3・2・1・4番ゲートで、昨年のパフォーマプロミス以外は1~2枠。

そう考えると穴馬を探すなら前走重賞で2着以内か2枠以内から選ぶのが最善の策だと思います。

 


 

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

天皇賞春2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

穴馬データ推奨馬からこの馬を挙げます。

距離が2400m以上に伸びてから4戦3連対という好成績。

しかもその4戦中3度上り最速で残り1戦は上り2位という決め手も持っている。

これでスタートがもう少しうまくなってくれたら、チャンスはさらに広がりそう。

血統的にも距離が伸びてマイナスになることは無さそうなので期待しています。