天皇賞春2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は天皇賞春2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは京都競馬場で行われる芝3200m戦。

昨年の覇者フィエールマンは有馬記念からぶっつけ本番。

ユーキャンスマイルは岩田騎手負傷のため鞍上未定。

キセキは近走出遅れ連発。

3強となっているが、どの馬も少なからず不安はありそう。

穴馬の食い込む余地は十分あると思います。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると先行馬が断然有利です。

ただマクリ気味に4角で4~5番手に付ける馬も多いので、純粋に先行脚質の馬が有利とは限らない。

あとはやはり枠順ですね。

このレースは反則的に内枠有利なので、マクルとかではなく純粋な先行馬が内枠に入ったらその馬は注意した方が良いでしょう。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ハーツクライ

・ステイゴールド

・ディープインパクト

 

です。

もう天皇賞春と言えばハーツクライを筆頭にこの御三家種牡馬しかないでしょう。

 

 

今回の該当馬

 

エタリオウ
シルヴァンシャー
スティッフェリオ
タイセイトレイル
トーセンカンビーナ
フィエールマン
メイショウテンゲン

 

以上7頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走G2クラス以上で3着以内

 

以上になります。

過去10年で4番人気以内馬のどれかが来た年は10回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10回中10回です。

 

今回の該当馬

 

ユーキャンスマイル
ミッキースワロー

 

この2頭です。

フィエールマンは有馬記念からのぶっつけで過去のローテンションから見ると異例。

外厩仕上げでぶっつけ本番も当たり前な時代になってきていますが、やはり多少気になりますね。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

まずマイナス要素が半端ない出遅れ癖

これさえなければ軸確定レベルなのだが‥

それでもそれを補うような末脚で連対確保。

只今5戦連続上り最速という素晴らしい決め手を持ち、前走で距離適性も示した。

長距離戦なら多少の出遅れはカバーできることを前走で証明したので、これでまともにスタートが決まれば十分チャンスがあるはずです。

あくまでも決まればだけど‥