大阪杯2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は大阪杯2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利と判断しています。

今回は上位人気馬5頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠3番ブラストワンピースですが、過去に内枠・小回りで好走しているので問題無いでしょう。

ただこの馬の場合枠順よりBコース替りが問題でしょう。

パワー・スタミナ寄りの馬なので、今の馬場が合うかどうか。

 

次に4枠4番ワグネリアンですが、ベストな配置ですね。

先行・差しと自在な馬なので問題無いでしょう。

 

次に5枠5番ラッキーライラックですが、この馬もベストな配置でしょう。

この馬より内で行きそうなのはサトノソルタス、出遅れなければロードマイウェイくらい?

難なく先団又は好位に取り付くことが出来そう。

 

次に6枠8番ダノンキングリーですが、好枠ギリギリの8番ゲート。

この馬もワグネリアン同様自在タイプですが、欲を言えばもう少し内目が良かったかも。

 

最後に8枠12番クロノジェネシスですが、大外というのはマイナスですね。

少頭数なのでそこまで気にしなくても良いかもしれないが、やはり内にこしたことはない。

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びますが、今回は上位5頭から。

今回の対抗馬は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

(3連複)

③ブラストワンピース
④ワグネリアン
⑤ラッキーライラック
⑧ダノンキングリー
⑫クロノジェネシス

◉穴本命馬(C) ー ⑤ラッキーライラック ー ③④⑧⑫ 各400円×4点

〇穴本命馬(D) ー ⑤ラッキーライラック ー ③④⑧⑫ 各100円×4点

計2000円

 

対抗馬は過去記事で書いた内枠と馬体重(目安は500キロ以上)を重視。

そして近走の勢い・安定性を考慮して、ラッキーライラックを対抗馬としました。

1着かと言われると難しいが、3着以内ならこの馬ではないか。

相手は上位人気に流します。

このメンバーなら最低でも2頭は馬券に絡むはず。

 

最後に穴馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

穴馬筆頭はこの馬。

間隔を詰めると凡走、左回りしか経験が無いことと不安要素は多い。

しかし、今回は内枠配置で先行策も叶いそう。

馬格もありディープインパクト産駒というのも買い材料です。

(D)

押さえでこの馬。

枠順はマイナスだが、先週のモズスーパーフレアみたく行く馬がいなければ、外枠から一気に内ラチキープができるかも。

それさえ叶えばノーチャンスではないでしょう。