大阪杯2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は大阪杯2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では3~8番ゲート有利と判断しています。

上位人気馬の配置を見ると、まずは5枠7番ブラストワンピースは包まれることも無い丁度良い中枠をゲットしたので、問題ないでしょう。

4枠6番キセキも特に問題なし。

欲を言えば出来るだけ出足の消耗度を少なくするなら、アルアインやエポカドーロより内が良かったかな。

2枠2番ワグネリアンは出来ればもう少し外寄りが良かったのではないでしょうか。

福永騎手が内で脚を溜めてIN突きするが出られないなんて場面が想像できます。

7枠11番ペルシアンナイトのこの枠は完全にマイナスだと思います。

基本的に内で脚を溜めて結果を残してきた馬なのでもはやデムーロ頼みです。

6枠9番エアウインザーは良くも無ければ悪くも無いと言った配置。

脚質は自在タイプなので問題ないが、出来ればもう少し内が欲しかったかな。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬2頭と抑え馬1頭の3点勝負です。

 

(対抗馬)

6枠9番 エアウィンザー(800円)

5枠7番 ブラストワンピース(1000円)

(抑え馬)

4枠6番 キセキ(200円)

 

はっきり言って今回の上位人気馬はどの馬も不安点があります。

休み明けで内回りが得意とは思えないキセキとブラストワンピース。

長期休養明けのワグネリアンや外枠のペルシアンナイト。

能力的にはG1級か疑問だが、不安要素が1番少ないのはエアウインザーくらいでしょう。

その中でもまず不安要素が非常に大きく切りたいのは、長期休養明けのワグネリアンと外枠のペルシアンナイト。

消去法ですが、残ったのはキセキとブラストワンピースとエアウインザー。

まず産経大阪杯の時代を含め過去10年で1番人気馬が馬券から消えたのは2016年のラブリーデイだけ。

この馬はあの快進撃からピークを過ぎた6歳時のものでした。

ここは素直に1番人気ブラストワンピースを信頼したいと思います。

そしてエアウインザーですが、上位人気馬の中でこの馬が1番欠点が少ない。

頭は無いと思うが阪神のコース適正に加え、大阪杯の王道ローテーションの金鯱賞でコンマ3秒差の3着という点を踏まえるとワイド向きかと思います。

ちなみにデータ消去法で書きましたが、G1昇格後過去2年馬券内馬は全て前走コンマ3秒差以内です。

抑えはキセキ。

何だかんだ言っても馬券からは消しずらい。

単騎逃げ濃厚でBコース替りで傷んでいない内の芝を走れるという利点は確実にある。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

絶好枠・距離・内回り・展開の全ての条件が揃った。

加えて、有力馬が休み明けに対してこの馬はひと叩きしている。

この馬の目標は明らかにこのレースで他馬と本気度が違う。

前走がやや負け過ぎなのと能力的に見劣り感はあるが、これだけの条件が揃えば3着以内なら可能性ありです。