報知杯フィリーズレビュー2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

今回は報知杯フィリーズレビュー2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

 

このレースは阪神競馬場で行われる芝1400m戦。

登録馬26頭で抽選馬も多数います。

不確定要素が多いですが、いつも通り予想していきます。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

頭数が多すぎるので想定オッズ100倍以下の馬を載せます。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると満遍なく好走馬が出現しています。

特に有利不利は無いと思います。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関しては何故か7・8番ゲートの成績が悪い。

そしてフルゲートの大外枠からは好走馬が少ないですね。

枠番で見ると8枠は割引ですね。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

8枠不利

と判断します。

ただ人気馬に限っては8枠は不利ということはありません。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

勝ち数なら後方馬が多いが、複勝率なら前に行った馬。

どちらが有利とも言えないですね。

あとはメンバーが決まってから考えたいと思います。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) *タイキシャトルはサンデーサイレンスの親戚です。
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ディープインパクト

・キングカメハメハ

・ダイワメジャー

 

又は

 

母父に

・ナスルーラ系

 

又は

 

・グレイソブリン内包馬

 

です。

 

今回該当馬

 

アヌラーダプラ
エーポス
クーファイザナミ
ケープコッド
シャレード
ソフィアバローズ
パフェムリ
ヒメノカリス
フェアレストアイル
マテンロウディーバ

 

以上10頭です。

青字は抽選対象馬です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走は大幅馬体減ながら重賞で健闘したと思う。

アヌラーダプラが人気になるなら、この馬ももう少しやれてもいいはず。

今回は距離短縮というのも好材料。

鞍上も強化されたのは良いですね。